最新技術を使った歯

インプラントは、失った歯を補う最新の治療法です。そのため、他の治療法よりも行っている歯医者の数が少ないのが現状です。しかし、近年、インプラント治療を行う歯医者は増加しています。増加している理由は、インプラントが優れた治療法だからです。従来の治療法ですと、治療を受けても何かと不具合が生じてしまいます。最大の不具合は、強く噛むことができないことです。しかし、インプラントの場合は強く噛むことができるのです。従来の治療法は、補った歯がしっかりと固定されているとは言えない状態ですので、どうしても噛む際には気をつける必要があります。しかし、インプラントの場合は、しっかりと固定されていますので、天然歯と同じように気を使うことなく、強く噛むことができるのです。歯を失ってしまっても、インプラントならば天然歯と同等のレベルの歯を補うことができますから、多くの歯医者が取り入れようとしているのです。

ただ、インプラント治療の普及には問題もあります。インプラント治療には一応、保険が適用されるのですが、保険適用の条件は非常に厳しいものとなっています。従って、一般的な治療には、保険が適用されないのです。そのため、治療費は高額であり、平均的な治療費は1本あたり30万円もしてしまいます。通常、3割負担で済む治療費が全額自己負担となってしまいますから、高額であるのは当然だと言えるでしょう。そして、保険の適用条件が見直され、緩和されない限り、治療費が高額である状況は続くことになるでしょう。但し、医療費控除という制度を利用すれば、治療費を安くすることはできます。医療費控除は所得控除の1つであり、年間の医療費の支払いが10万円以上ある場合は対象となります。そして、確定申告の際に申請すれば、納める税金が一部、免除されることになります。但し、医療費控除の対象ではないインプラント治療もありますから、医療費控除を受けるつもりで治療に臨むのならば、事前に歯医者に、その旨を伝えておいた方が良いでしょう。